ユーロ2020の放送予定:地上波で試合中継を見る方法

第1回開催となったUEFAネーションズリーグ。

クリスチャーノ・ロナウド率いるポルトガルの優勝で幕を下ろし、次回開催も待ち遠しいハイレベルの大会となりました。次はさらに規模の大きいユーロ2020が控えております。

日本とは時差があるので深夜に試合が行われることが予想されますが、それでも試合は見逃せない!という熱心なファンの方は多いはず。

現状で分かっている範囲にはなりますが、ユーロ2020本大会の放送予定や中継情報についてまとめました。

地上波でのユーロ2020の放送について

まずユーロ2020本大会はWOWOWが全試合放送を発表。月額視聴料金がかかる有料チャンネルで全51試合を完全放送することが既に決まっています。

地上波の放送は未発表ですが、前回大会に引き続き一部の注目試合だけ放送される可能性があります。これまでの実績として、ユーロ2012まではTBS、ユーロ2016はテレビ朝日の放送がありました。

放送の可能性があるとすればどちらかの民放キー局と考えるのが無難かなと思います。ただし先ほど触れた通り、ユーロ2016で放送された試合数は12試合と一部に限られていたので、本選全ての試合を視聴することはまず不可能です。

さらに放送時間は現地時間の中継になるはずなので、平均9時間ある時差から考えると、深夜帯の放送になります。

 

有料放送やネット配信によるユーロ2020放送について

では、その他の有料放送やネット配信ではどうでしょうか?

日本の地上は以外の放送としては、BS、CS、スカパー!、DAZNなどが挙げられますが、残念ながらユーロO2020の放送の予定はありません。BSはJSportsでU-20ワールドカップ、CSは日本テレビ系列でアジアチャンピオンズリーグなどの放送実績がありますが、ユーロ本大会の放送の可能性は低いです。

続いてスカパー!ですが、過去、本大会の放送実績がないことに加え、放映権を得る権利料金が高騰していることもあって、放送は難しいでしょう。

スカパーはヨーロッパの各リーグの放送実績も豊富で、ユーロ2016の予選の放送もやっていたのですが、DAZNの登場以降サッカーコンテンツでは劣勢を極めています。

最後にDAZNについてです。しかし、やはりというべきかDAZNでの放送も厳しい。

今一番勢いのある配信サービスですが、ユーロ本大会はWOWOWが放映権を取得しましたし、DAZNが放送するとすればハイライト配信のみでしょう。

ちなみにDAZNはヨーロッパの各リーグの放送だけでなく、各大陸の国別大会の放送も行っており、現在開催中のコパ・アメリカも放送しましたので、期待する方が多いかと思いますが、ユーロ2020に限っては難しいかなと。

 

ユーロ2020の日程について

最後にユーロ2020のレギュレーションを説明しておきます。

予選は55カ国を10グループに分かれてホーム&アウェーの総当たり戦を行い、グループの上位2カ国が本選への出場権を獲得。加えて、UEFAネーションズカップの結果を踏まえたプレーオフ(敗者復活戦)で勝ち上がった4カ国を含めた24ヶ国が本選に進出。

予選は既に2019年3月~11月まで。プレーオフが2020年3月、本選は同年6月からです。なお、本選は欧州12カ国で史上初の分散開催です。

 

まとめ

以上の内容を簡単にまとめますと、ユーロ2020本大会はWOWOWでの放送が確定。

その他には可能性として地上波での一部放送が考えられます。

今後継続的にサッカーやそれ以外も視聴することも踏まえてご加入を考えてみてはいかがでしょうか。やはりヨーロッパの大会はレベルが高い試合が多いですから、見逃せない試合が多いですしね。

 

タイトルとURLをコピーしました